投稿日:2022年9月7日

解体工事は天候の良くない日に行える?

こんにちは!
東京都板橋区に事務所を置き、関東一円の建物全般の解体工事、遺品整理・不用品回収を承っております株式会社寺門興業です。
建設現場では天候が悪くなると作業を中止することも多く、次の作業予定に遅れが生じることがあります。
今回は、解体工事の作業は天候の良くない日に行えるのかについて詳しくご説明します。

多少の天候不良なら作業可能

手を横に出している女性
解体工事は天候不良であっても、多少の雨などであれば作業を行うことが多いでしょう。
また、内装解体工事の場合はほとんど雨の影響を受けません。
ただ、視界が遮られるような豪雨の場合は、中断して休むか、様子をみて作業を行うかどうか現場で判断します。
多少の雨でも解体工事を行う理由は、解体作業による埃の発生を抑えられるからです。
建物の構造物を支える骨組みなどの躯体は、解体作業時に散水が必要なため、雨が降ることで散水せず粉じんを防げます。
天候不良でもメリットになる点があるのです。

天候の影響を受ける作業

解体工事の作業の中でも養生の組み立て・屋根葺き材撤去は、単管パイプや瓦などが滑るかもしれないため天候の影響を受ける作業といえます。
また、基礎解体・試掘・整地作業は、土が雨や雪で濡れると重機が動けなくなったり、撤去したい工作物の分別が難しくなったりします。
他にも、養生シート類の施工や躯体の壁倒しなどは、風の影響を受けるため強風の日は控えたい作業です。
風が強い日は養生シートに風圧がかかってパイプが曲がり、倒壊の危険性があるリスクの高い作業になります。

寺門興業へご相談ください!

スマホを操作する女性
住宅や店舗などの解体工事のご要望はございませんか。
解体工事は天候と密接に関わっており、現場の判断力と技術が求められます。
弊社はあらゆる建物の解体工事に携わっており、状況に応じて最適な工事が可能です。
また、安全に配慮した工事にこだわっており、お客様へ丁寧なご説明と対応を行っています。
不用品回収も行っていますので、住まいの困りごとなどにも対応可能です。
ご相談はぜひ、弊社お問い合わせフォームまたはお電話にてご連絡ください。

【求人】寺門興業では新規スタッフを募集中!

ただいま弊社では内装解体から重機を使った解体工事など、弊社業務に携わってくださるスタッフを募集しています。
経験・学歴を問わず、スタッフがサポートいたしますので、安心してご応募ください。
資格取得支援制度を整備しており、働きながらキャリアアップも可能です。
20代のスタッフが多く、月1回の食事会など親睦を深める機会もある会社で、一緒に働きませんか。
皆様からのご応募をお待ちしています。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社寺門興業
〒174-0064 東京都板橋区中台3-11-10 ハイネス上板橋612
TEL:090-6133-1833 FAX:050-1182-2030


お問い合わせ  採用情報