投稿日:2024年5月26日

スケルトン工事とは?基礎知識と流れ

こんにちは!株式会社寺門興業です。
東京都板橋区を拠点に、関東一円で鉄骨造解体、スケルトン工事、はつり解体を行っている業者です。
今回は、スケルトン工事の基礎知識と流れについて、初めてご利用いただくお客様向けに分かりやすくご説明します。

初めてのスケルトン工事に必要な準備

スケルトン工事
スケルトン工事を始める前には、いくつかの準備が必要です。
まず、工事の目的や範囲を明確にし、必要な解体を行う範囲をきちんと確認しましょう。
これは工事の効率化はもちろんのこと、見積もりや計画の正確性を高める上で不可欠です。
工事の許可や近隣への事前の挨拶も不可欠なステップです。
これにより、不必要なトラブルを避け、工事をスムーズに進めることが可能になります。
施工前には現地調査を徹底して行い、建築物の構造や状態を詳細に把握することが肝心です。
古くから存在する建物の場合、意外な構造体に遭遇することがあり、これを見落とすと大きな問題に発展する恐れがあります。
予期せぬ問題に備えて緊急時の対応計画も策定しておく必要があります。
そして、何よりも安全管理に関する準備は徹底されるべきです。
解体工事は危険を伴う作業なので、工事関係者の安全装備はもちろん、現場周辺の安全対策も万全に行うことが重要です。

スケルトン工事におけるコスト管理

コスト管理はスケルトン工事を行う際に特に注意を払うべき点です。
元々の建物の構造や素材によって、解体にかかる工数やコストは大きく異なることがあります。
工事が始まると変更が難しくなるため、あらゆる可能性を考慮したうえで、見積もりを慎重に作成しましょう。
工事の際に発生する廃材の処分費用も考慮する必要があり、これは事前の見積もりに含めるべき重要な要素です。
また、工事中に発見される追加工事が必要な場合、速やかにクライアントに報告し、合意を得た上で進めることが不可欠です。
ここでコミュニケーションを怠ると、設定していた予算を大きく逸脱する事態に陥る可能性があります。
工程管理の徹底はコスト削済みのカギとなります。
工事の遅れが発生しないよう、各工程をしっかり管理し、作業の効率化を図ることが経費を抑える上で非常に大切です。

工事完了後のスペース活用アイデア

スケルトン工事を完了させた後のスペースは、再利用の可能性が広がります。
事務所や店舗などの商業スペースとして再構築することはもちろん、共有スペースや住居として再生することも可能です。
ここで大切なのは、将来の活用プランをイメージしながら工事を行うことです。
建物の構造がスケルトン化されればされるほど、設計の自由度が高まることを忘れないでください。
例えば、開放感を重視した大空間のオフィスや、個性を打ち出したカフェなどを計画している場合、スケルトン化することで、より創造的なデザインが実現可能です。
再生エネルギーの活用や、環境に配慮した材料の選定を行うことも、将来的なコスト削減やサステナブルな運用に寄与します。
有用性とデザイン性を兼ね備えた空間づくりを考える際には、弊社にぜひご相談ください。

解体工事のご相談をお待ちしております

メール送信
弊社は東京都板橋区を拠点とし、豊島区や北区など関東一円で解体工事一式のご依頼をお待ちしております。
様々な建物に対応可能な弊社にぜひご相談ください。
お客様に安心して業務をお任せいただける解体業者として、高品質な施工を提供いたします。
ご用命の際は、お問い合わせフォームよりご連絡くださいませ。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社寺門興業
〒174-0064 東京都板橋区中台3-11-10 ハイネス上板橋612
TEL:090-6133-1833 FAX:050-1182-2030


関連記事

新橋店舗解体

新橋店舗解体

東京都など関東一円で産業廃棄物収集運搬を承っています!

東京都など関東一円で産業廃棄物収集運搬を…

産業廃棄物収集運搬は株式会社寺門興業まで! 弊社は、東京都板橋区を拠点に、関東一円で活動している会社 …

株式会社寺門興業に遺品整理を依頼するメリット

株式会社寺門興業に遺品整理を依頼するメリ…

こんにちは! 株式会社寺門興業です。 弊社では、東京都板橋区を拠点に、遺品整理や家屋解体・内装解体を …

お問い合わせ  採用情報