投稿日:2021年2月21日

スケルトン工事っていったいどんな工事?原状回復工事との違い

こんにちは!
東京都板橋区に事務所を置き、関東一円で解体工事や斫り工事などを行っている株式会社寺門興業です。
解体工事と聞くと、大きな重機で建物を豪快に取り壊しているイメージを持つ方も多いと思います。
しかし実際の解体工事は、周囲への粉じんや騒音の影響・解体後のことも考える必要がある非常に繊細な工事です。
今回は、中でも繊細な工事が求められる「スケルトン工事」についてご紹介したいと思います!

そもそもスケルトン工事っていったい?


スケルトン工事が行われるのは、主に飲食店や美容室などのテナント物件の退去時。
物件の退去時には、その専有部分を借りた当初の状態に戻す=原状回復工事をする必要があるのですが、多くの場合で借りた当初の状態とは「床や天井・壁、配線、給排水管などが設置されていない、建物の骨組みだけの状態」のことを指します。
スケルトン工事とは、上記のように部屋の内装を全て取り除いて建物を骨組みだけの状態にする工事のことを指しているのです。
内装や設備などをそのまま残してあるテナント物件は「居抜き物件」と呼ばれます。

スケルトン工事と原状回復工事の違いとは?

スケルトン工事と原状回復工事には厳密には違いがあります。
原状回復工事とは、「最初に借りてきた部屋の状態に戻す工事」のこと。
最初に借りたときの状態が建物の骨組みだけの「スケルトン」の状態であれば、原状回復工事=スケルトン工事となります。
借りたときに飲食店向けの内装がしてあったのに、スケルトン工事をしてしまうと原状回復工事とはいえません。
どこまでの工事を原状回復工事とするのかをよく確認してから、業者に依頼する必要があります。

原状回復工事なら寺門興業へお任せください!


ここまでスケルトン工事・原状回復工事についてご説明してきました。
株式会社寺門興業では、テナントの返却の際に欠かせない原状回復工事やスケルトン工事を手がけています。
原状回復工事の業者をお探しの方は、丁寧な仕事で評判の株式会社寺門興業へお気軽にお問い合わせください!

寺門興業でスケルトン工事のプロに!

株式会社寺門興業では、業務の拡大を見据えてともに解体工事を行ってくれるスタッフを大募集しています。
資格取得支援制度もあり、技術を教える土壌もしっかりとありますので、未経験の方でもすぐに現場で働くことが可能!
ご興味の湧いた方は、ぜひ一度ご応募ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社寺門興業
〒174-0064 東京都板橋区中台3-11-10 ハイネス上板橋612
TEL:090-6133-1833 FAX:050-1182-2030


関連記事

銚子 木造解体工事

銚子 木造解体工事

施工実績を更新しました!

施工実績を更新しました!

こんにちは!東京都板橋区の株式会社寺門興業です。 弊社は解体工事一式や不用品回収などの業務を行ってい …

新橋店舗解体

新橋店舗解体

お問い合わせ  採用情報